メニュー 

フルブライト奨学金による留学の特色

  • 米国政府がスポンサーとなるJ-1ビザで渡米します。
    フルブライト奨学生としての身分の継続期間
     ・大学院留学プログラム: 修士課程の場合は、アカデミックトレーニングも含めて最長3年間。博士課程は5年間。
     ・研究員、ジャーナリスト、博士論文研究プログラム: 最長12ヶ月
  • ビザ申請料・SEVIS料金が免除されます。
  • フルブライト奨学生の身分が保持されている期間は、フルブライト・グループ保険が継続します。
  • 米国内協力機関(IIE)による各種サポートが受けられます。
     ・在留身分等の事務管理
     ・学業面のモニター
     ・留学先大学の担当部署とのリエゾン
     ・フルブライト夏期オリエンテーション: Gateway Orientation/Preacademic Orientation(下記参照
     ・エンリッチメントプログラム等(下記参照
  • Fulbright Association(全米60以上の支部)を通して、各種イベントへ参加することができます。

フルブライト夏期オリエンテーション(大学院留学、大学院博士論文研究プログラム)

米国内協力機関(IIE)により、留学先大学の授業が始まる前の数日~数週間、夏期オリエンテーションに割り当てられる可能性があります。世界中から集まるフルブライト奨学生と共にオリエンテーションを受けることができます。費用はフルブライトが負担します。

Gateway Orientation 4〜5日程度
Preacademic Orientation 3〜12週間

オリエンテーションでカバーされる内容

   ・フルブライト・ネットワーク
   ・米国のアカデミックカルチャー
   ・生活・学業面に関するオリエンテーション
   ・英語・アカデミックスキルのトレーニング等

フルブライトエンリッチメントプログラム

留学初年度のフルブライト奨学生が対象。申込者全員が参加できる保証はありません。

  • 世界中から集まるフルブライト奨学生との交流会
  • テーマ別のプログラム(グローバルトピック)
    例: "Climate Change and the Environment"; "U.S. History and Diversity"; "Democracy and Human Rights"; "Social Entrepreneurship and Innovation."
  • 専門家によるパネルディスカッション、ボランティア活動、ホームビジット等が含まれます。
  • 交通費やホテル代はフルブライトが負担します。

フルブライトストーリーフェイスブックリンク集等にもこれらのプログラムに実際に参加した奨学生からのレポートが掲載されていますのでぜひご覧ください。

https://twitter.com/fulbrightprgrm
https://twitter.com/IIEglobal