よくある質問:留学方法や大学選びについて

編入学について

アメリカの大学の学部課程では、日本に比べて、ある大学からほかの大学に籍を移す編入学が一般的に行われており、日本の高等教育機関(大学、短大、専門学校等)から編入学することも可能です。ただし、各大学により編入受け入れに関するポリシーが異なることを留意してください。

大学院の場合の単位互換は一般的ではありません。もちろんケースバイケースなので可能性がないわけではありませんが、residency requirementがあるので非常に困難だといわれています。詳しくは各大学にお問い合わせください。

編入については、こちらもご覧下さい。

A : 編入後は何年生になるのですか?

アメリカの大学は日本の学年制・通年制と違って、単位制・学期制で運営されていますので、必要単位が取得できた時点で卒業できます。従って、「何年次に編入」というよりも、「○○単位移行できたので、編入後卒業までに必要な単位は残り○○単位」「残り○○単位を終えるには後何学期(セメスターまたはクオーター)必要である」という風に考えましょう。

B : 自分の取った単位が一番多く移行できる大学を探したいのですが、どのように探せばよいでしょうか?

残念ながら、ほとんどのアメリカの大学については、前もって単位がどれ位移行できるかを知ることは難しいでしょう。たとえ大学に口頭や手紙で問い合わせたとしても、あなたが正式に出願して全ての必要書類を送らない限り大学は答えてくれないと考えましょう。なぜなら、編入を審査するにはそれなりの時間と手間がかかるので、大学側は真剣に大学入学をするかどうかわからない人を審査している暇はないからです。それはアメリカ人学生でも留学生でも同様です。

また、一般的にアメリカの大学はResidency Requirements/Academic Residencyといって、学位取得を希望する大学に「○学期以上在籍」または「その大学で○単位以上を取得」しなければいけないという規則があります。

さらに、通常、単位認定に関する規則 (Transfer Credit Policyなどと呼ばれる) の中に移行可能な単位数の上限が設けられているという点にも留意が必要です。

C : 編入の際に必要な手続きについて教えてください。

編入手続きのステップとしては大体以下のようになると考えてください。

1) 自分が編入したい大学、学部を選ぶ。

2) 各大学が編入生に要求している条件や入学規則を調べ、必要な出願書類をそろえる。
必ず各大学のウェブサイトで、「Admission for Transfer students」についての情報を調べること。

3) 大学が要求する出願書類を締め切りまでに大学に到着するよう手配する。

4) 大学から入学許可の返事を待つ。

5) 入学許可が降りた場合:多くの場合、実際に渡米してからAcademic advisorに自分の取った各科目の英文シラバス(syllabus)※などを見せて説明しながら、移行できる単位数を決めてもらう。

上記の手続きは一般的なもので、あくまでも大学により異なる場合があることを留意してください。また、専門学校からの編入、高等専門学校(高専)からの編入、短大からの編入、4年制大からの編入などの違い、個人の取った科目、取得単位数、個人の成績によっても、最終的にどれくらい単位が移行できるかは異なると考えましょう。日本の大学の情報やシステムをよく知らないアメリカの大学も多いので、大学や授業時間数などの説明も英文で用意しておくと良いでしょう。一般に、提示できる情報は多いほど相手の判断の助けになると考えてください。日本の大学在学中にアメリカ大学への編入を考えている方は志望するアメリカの大学のウェブサイトやカタログを見て、取得すべき科目と同等の内容の科目を日本の大学で修めておけば、その単位が認められる可能性が高くなります。

※在籍されていた日本の大学で、英文のsyllabusを発行してくれない場合ですが、一般論として「自分(出願者本人)以外の第三者に翻訳をお願いし、翻訳者のサインをつけて、英文翻訳をオリジナルな書類と一緒に提出するのが望ましい」と理解しております。しかしながら、各大学により翻訳に関しても判断が異なりますので、必ず個別に各大学へ指示を仰いでください。