留学方法や大学選びについて

大学の認定の有無

アメリカの認定制度について:

A. 日本との制度の違い 3.文部科学省の不在・認定制度に詳細な記述をしてありますので是非ご参照ください。

アメリカの大学の認定の有無の調べ方:

Council for Higher Education Accreditation(CHEA)のサイトには、大学の認定(accreditation)の有無を検索するサイトがあります。

CHEAの認定検索サイトの利用規約(User Agreement)に同意の上、大学名や大学が所在する州、認定団体などで検索をかけて調べることができます。

☆検索の際の注意事項☆
・大学の英語の正式名称が必要です。正式名称でなければ正確な検索が出来ません。
・大学が所在する州(U.S. State/ Territory)で検索をかけると、その州の認定された大学がアルファベット順にリストされますので便利です。

また、各大学の認定(accreditation)は、各大学の公式サイトにて確認することも可能です。

認定の有無を両者で調べるとより確実でしょう。

アメリカの大学の認定証明

アメリカの大学へ留学後、日本の教育機関(大学・専門学校など)に入学/編入学の際、アメリカで在籍していた/卒業した大学が、認定を受けた大学であるといった証明の提出を求められる場合があるようです。 しかしながら、アメリカの高等教育制度は日本とは異なり、中央省庁が法律で管理するものではないという理由から、アメリカ関連の公的機関(当委員会含む)では、認定を受けた大学であるかどうかに関する証明書の発行は行っておりません。

もし、日本の教育機関などに対し、留学先教育機関の説明をする必要がある場合は、下記の3点を説明するとよいでしょう。

1)アメリカの認定制度が日本とは異なる。(参照サイト:A. 日本との制度の違い 3.文部科学省の不在・認定制度

2)文部科学省-高等教育の国際的な動向で紹介されているユネスコ「高等教育機関に関する情報ポータル」(UNESCO Portal on Higher Education Institutions)で、アメリカの高等教育機関認定団体を評価認証する組織(Higher education institutions recognized by competent authorities)としてCouncil for Higher Education Accreditation (CHEA)が紹介されている。

3)CHEAの認定検索サイトから留学先の教育機関の認定状況を調べる。(上述参照)