分野/専攻別の情報

医師の留学 (Medical Science)

日本人医師が海外留学する場合、ご本人の留学目的(臨床または研究)により留学方法や留学のステイタス(ビザなど)が異なってきます。

アメリカへの医学留学に関連して、以下の団体が日米医学交流について助成しております。アメリカ医学留学について関連本も出版されておりますので事例研究として併せてご参照ください。

日米医学医療交流財団  

アメリカの医学教育について

アメリカの医学部(メディカルスクール)は大学院レベル(4年間)ですので、大学を卒業していること(学士号保持者)が基本的な入学資格です。学部での専攻は問われませんが、生物学、化学や物理を中心とした基礎自然科学の勉強に重点が置かれます。そのため、アメリカの学部課程では、医科予備コース(Pre-medical)を設け、メディカルスクールへの進学準備をする大学もあります。

アメリカの医学部は、アメリカ人にとっても入学はとても厳しく、外国人には更に狭き門です(参照:AAMC ”Total Enrollment by U.S. Medical School and Race and Ethnicity”) 。留学生受け入れの現状をお調べになりたい場合は、ご面倒ですが各大学のHPで調べる・直接問い合わせるなどの方法をとる必要があることをご留意ください。

また、アメリカで勉学することと、その後働くことは、別のこととなりますのでご注意ください(参照:よくある質問 「就職」) 。