英語力

留学計画を立てる段階では、まず自分の英語力がどのぐらいのレベルにあるのかを知る必要があります。十分な英語力があるということは、留学のための大前提です。当然のことながら、授業は全て英語で行われるわけですから、アメリカ人学生と同等にやっていけるだけの英語能力が必要です。アメリカの大学では、論文の執筆やディスカッション、研究発表の機会も多く、高度な英語力が要求されます。このため、留学生に英語能力テストの受験を義務付け、その結果を入学審査の重要な判定材料としています。

この目的で行われる英語能力テストの中で最も広く用いられているものに、ETS(Educational Testing Service)が行っているTOEFL(Test of English as a Foreign Language)テストがあります。

詳しくは「STEP 4 留学に必要な条件」の「2.英語力」をご覧ください。