メニュー 

寄付・ご支援

日本のフルブライト交流事業は、日米両政府の予算に加え、同窓会のボランティア活動および企業・団体・個人から多くのご支援を受け、世界のフルブライト交流事業の中でも日本のプログラムは高い評価を受けています。この民間支援のおかげで、特に米国人大学新卒者プログラム(フルブライト・フェロー)等が多く含まれるようになりました。

公益財団法人日米教育交流振興財団 (フルブライト記念財団)

同窓会の募金活動を組織化・円滑化するため、公益財団法人日米教育交流振興財団(通称:フルブライト記念財団)が同窓生により設立されました。この(公財)日米教育交流振興財団への寄付金は、税制上優遇措置の適用を受けられます。 (詳しくは下記サイトで)

 

フルブライト日本同窓会

フルブライト留学(前身のガリオア留学も含む)経験者は同窓会を組織し、会員の交流をはじめ、様々な活動を通じ、フルブライト交流事業へのサポートを続けています。(詳しくは下記サイトで)

  

冠支援

1981年以来これまでに、1名またはそれ以上の日本人奨学生または米国人奨学生が勉強・研究するのに足る資金(冠支援)を多くの企業・団体・個人から提供していただいています。

(公財)日米教育交流振興財団を通しもしくは当日米教育委員会へ直接寄付していただいた冠支援は以下のとおりで、企業・団体名・個人のあとのカッコ内数字は奨学生の人数です。(英文表記アルファベット順)

2016会計年度: 三菱(1)、 ロバート G. ベーカー基金(1)、 サム・ジェームソン基金(1)、(公財)吉田育英会(YKK)(2)

その他

2016年度の協賛として、デルタ航空(日本人奨学生の航空券40名分)、全日本空輸株式会社(30名分)の航空券をご提供いただきました。また、1980年以来第一ホテルから米国人奨学生に対し宿泊の優待を受けています。

日米フルブライト交流チャリティ・ゴルフ大会:

1982年以来、フルブライト同窓生及び民間企業と個人賛同者のご協力のもと、フルブライト交流事業への募金活動として「日米交流チャリティ・ゴルフ大会」が毎年開催されています。2014年からは(公財)日米教育交流振興財団の主催により継続開催され、この大会により一日で約1~2名の米国人奨学生を一年間招く資金を捻出しています。

これまでにご支援いただいた・企業・団体、個人リスト

これまでにフルブライト交流事業に対し以下の企業・団体・個人から冠支援をいただいています。(アイウエオ順)

  • 味の素(株)
  • 大阪地区同窓会
  • 緒方貞子
  • 沖縄同窓会
  • (株)カーギル・ジャパン
  • カーバル・インベスターズ・ピーティーイー・リミテッド
  • 上村和子
  • キヤノン(株)
  • キヤノン・グループ
  • 九州同窓会
  • (財)国際経済交流財団
  • (株)小松製作所
  • 在日米国商工会議所
  • サム・ジェームソン基金
  • サンフランシスコ平和条約締結記念A50事業
  • 志野基金
  • JT基金
  • J.P. モルガン
  • ジブラルタ生命保険(株)
  • ジョンソン(株)
  • 住友グループ
  • 全日本空輸(株)
  • ソニー(株)
  • 第一ホテル
  • 大日本インキ化学工業(株)
  • (財)高橋産業経済研究財団
  • (財)舘内教育文化振興財団
  • 中国地区同窓会
  • 中部同窓会
  • デルタ航空
  • デュポン・ジャパン・リミテッド
  • (株)デンソー
  • (株)電通
  • 東北同窓会
  • トヨタ自動車(株)
  • 長村基金
  • 中川基金
  • 日産自動車(株)
  • (公財)日米教育交流振興財団
  • 日本アイ・ビー・エム
  • (株)日本興業銀行
  • 日本航空(株)
  • 日本税理士会連合会
  • (株)富士銀行
  • 双葉電子工業(株)
  • フルブライト上院議員生誕100周年記念事業
  • フルブライト日本同窓会
  • 米国メルク社
  • 本田技研工業(株)
  • マツダ(株)
  • 松本油脂製薬(株)
  • 三上基金
  • 三井グループ
  • 三岩グループ
  • 三菱グループ
  • モービル石油(株)
  • モルガン銀行
  • モルガン・スタンレー証券会社
  • ユナイテッド航空
  • (公財)吉田育英会(YKK)
  • ロバート G. ベーカー基金