メニュー 

日本人対象 奨学金の種類

日米教育委員会は、英語教員または将来英語教育に携わる意志のある方を対象に、「フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラム」の奨学生を募集します。

フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラム


2018年度のチラシはこちら

2018年度申請者募集中 2017年8月31日締切

アメリカの大学で日本語を教えながら、
●英語教授のスキルを高める
●自身の英語能力を高める
●アメリカの文化や習慣についての知識を深める
ことを目的とした9ヶ月のアメリカ留学奨学金プログラムです。

プログラムの詳細については、
Institute of International Education - Foreign Language Teaching Assistant Program の サイトをご参照ください。

募集人数 15名(日米教育委員会から推薦されても最終的に全員が派遣されるとは限りません。)
奨学期間 2018年8月~2019年5月(9ヶ月間)
応募締切日 2017年8月31日(木)

なお、多く寄せられるお問合せに関しては、「FAQ(よくある質問)」としてこのページの下部に掲載しましたので、日米教育委員会にお問い合わせになる前に必ずお読みください。

Fulbright FLTA フェローとして

  • アメリカの大学で1学年間(9ヶ月)日本語を教えながら、各学期にアメリカ研究や教授法についてのクラスを2コース受講する。
  • 母国の文化や価値観を理解してもらうため、大学のサークルや近隣地域の人々との交流を推進することが望まれる。

活動内容

  • アメリカの大学で1学年間(9ヶ月間)週20時間を限度に日本語クラスを教員として担当、または補佐する(派遣大学により異なる)。
  • カルチャーイベント、日本語クラブ等を企画・運営する。
  • 大学でアメリカ研究や英語教授法のクラスを受講する。

支給内容

  • 履修する科目の授業料(各学期2コース)
  • 給付金(派遣大学により異なる。)
  • 宿舎・食事は大学より提供される(派遣大学により異なる。)
  • 往復旅費(現物支給)
  • フルブライト・グループ保険(傷害・疾病)
  • 米国でのオリエンテーションやエンリッチメントカンファレンスへの参加

応募資格

  • 日本在住で日本国籍を有すること。
  • 学士号取得者または見込み者(2018年5月31日以前)で、下記のいずれかに該当する者
    a. 英語教員免許保持者※
    b. 将来英語教育に携わる意志のある者
    ※公立学校の現職教員の場合、下記「派遣法の適用について」をご参照ください。
  • プログラムの性質上、特に若手からの応募を歓迎する。
  • 2015年8月~2017年8月実施のTOEFL(iBT)79-80以上、またはIELTS (Academic Module)6.0以上のスコアレポートを提出すること。指定期間内に受験したものでも、ITP TOEFL(Institutional Testing Program) および IELTS(General Training Module) のスコアは認めません。
  • 上記期間に実施されたTOEFL またはIELTS を受験し、その結果が基準点に達していない場合でも応募は可能(要相談)。ただし、その場合は2017年12月末までに上記基準点をクリアすること。

派遣法の適用について

公立学校の教員の場合、「外国の地方公共団体の機関等に派遣される一般職の地方公務員の処遇等に関する法律」(派遣法)に基づき、地方公務員の身分を保有したまま、プログラムに参加することが可能です。
ただし、派遣先が私立大学である場合、派遣法が適用されるためには、派遣法第2条第1項第4号に基づき、各地方公共団体の条例で、外国の私立の教育機関が含まれるような規定がなされている必要があります。

求められている人物像

  • 物事に真摯に向き合い、誠実な人
  • 積極的で環境適応能力がある人
  • 分別があり、教えることにプロ意識をもつ人
  • リーダーシップがあり、学生に学ぶ意欲を持たせ、アメリカの地域社会に母国の社会を代表して紹介できる人
  • 創造力や自立心があり、チームプレイヤーとして派遣大学の教職員や学生と良い人間関係を保てる人
  • 語学教員(アシスタント)と留学生としての役割を両立できる人
  • プログラム終了後すぐに帰国し、FLTAとしての経験を日本の英語教育の現場で活かせる人。

ビザ

J-1 Exchange Visitor Visa 「政府スポンサーの交流訪問者」ビザ。訪米目的終了後、直ちに日本に帰国することが義務。米国に再入国する場合は、帰国後通算2年間日本に滞在したあとでないと、「移民」「短期役務」「会社転勤」などのビザを申請することができません。なお、FLTAプログラムは同伴家族のためのビザは発行できませんので、単身で渡米することになります。

重要事項

  • いかなる場合も盗作行為 (plagiarism) を行った場合は、FLTA不適格者とみなされます。
  • FLTAプログラム終了後、米国の大学に残って学位取得を希望する人は、FLTAではなく大学院留学プログラムに応募してください。併願は出来ません。
  • 日米教育委員会において審査後、米国国務省に推薦された後の辞退は極力控えてください。

応募方法および応募に必要な提出書類

アメリカの協力機関であるInstitute of International Education(IIE)と日米教育委員会に、それぞれ種類の異なる書類を提出します。

FLTA2018提出書類チェックリスト・登録票(ZIPファイル。解凍して利用。)


IIEへ提出(2017年8月31日必着)下記1~3

1
オンラインアプリケーション にアクセスして願書を提出してください。(初めての方はフリーアカウントを作成するよう指示がありますので従ってください。
2
TOEFLまたはIELTS(2015年8月~2017年8月に受験したもの)の公式スコアレポートの郵送手配。コピー不可。「FAQよくある質問」Q89を参照。
3
推薦状3通(オンラインで提出)。「FAQよくある質問」Q56を参照。

日米教育委員会へ郵送(2017年8月31日消印有効)下記4~10

4
オンラインアプリケーションのコピー1部
重要:オンラインアプリケーション Step 6. Application Inspector で記入漏れがないと判断されると、 “Preview Application” という青いアイコンが表示されるので、それをクリック。 PDF形式で保存・印刷できます。 Step 7. “Submit Application” に進む前に必ず行ってください。

Preview Application

クリックし、PDF形式で保存
5
英文成績証明書 卒業の有無にかかわらず在籍したすべての大学・大学院より発行してもらうこと。1部
6
大学・大学院の英文卒業証明書あるいは卒業見込み証明書 1部
7
TOEFLまたはIELTS(2015年8月~2017年8月に受験したもの)のスコアレポート。コピー可。このページの「FAQよくある質問」Q89を参照。
8
推薦状(IIE へオンライン提出が不可能な場合のみ、日米教育委員会へ郵送)。このページの「FAQよくある質問」Q56を参照。
9
登録票(上記「応募方法および応募に必要な提出書類」よりダウンロード、写真貼付)
10
履歴書(和文、英文、自由書式、写真不要)

選考日程

2017年8月31日(木) オンライン願書提出締切。
推薦状、英文成績証明書・卒業(見込)証明書、TOEFL(またはIELTS)スコアレポートも別途提出。
2017年秋 日米教育委員会において審査(書類および面接)後、米国国務省に推薦。国務省およびIIEが最終選考を行う。
2018年4月~5月 最終結果発表、派遣大学決定。
2018年8月 アメリカ国内でのオリエンテーション(5日間)に参加後、各派遣大学に赴任。

問い合わせ先および書類送付先

日米教育委員会 フルブライト交流部
TEL: 03-3580-3231 / FAX: 03-3580-1217 / 9:00-17:30
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル207
メールでのお問合せ:http://www.fulbright.jp/contact.html

FAQ (よくある質問)

Q1. FLTAはいつ始まったプログラムですか?
1968年に開始したプログラムですが、日米教育委員会では2008年より実施しています。2018年度で11度目の募集となります。
Q2. 2018年3月卒業見込みですが、応募できますか?
応募できます。但し、2018年5月末までに学位が取得できなかった場合は、最終選考まで残っていても失格となります。
Q3. 現在海外に住んでいますが、応募できますか?
応募時に日本在住であることが要件ですので、海外在住の方は応募できません。
Q4. 公立学校の常勤教員ですが、FLTAにはどのような扱いで参加できますか?
各自治体(教育委員会)によって扱いが異なりますので、FLTAに応募する際にご自身で自治体(教育委員会)にご確認ください。
Q5. 推薦状はどこに提出すればよいですか?
願書の該当欄に推薦者名を記入した3名分の推薦状が必要です。推薦人はオンラインアプリケーションサイトより推薦状を提出することになります。ただし、それが難しい場合には、ダウンロードした推薦状用紙を応募者が推薦人に渡し、推薦人から直接、日米教育委員会フルブライト交流プログラム宛に推薦状が郵送されるよう手配してください。
Q6. 推薦者が英文で推薦状を書けない場合はどうすればよいですか?
日本語でも結構ですが、必ず第三者による英語の翻訳を添付して日米教育委員会宛に郵送してください。なお、この場合、オンライン提出はできませんので、応募者は所定の用紙をオンラインアプリケーションサイトよりダウンロードして、推薦人に渡し、日米教育委員会フルブライト交流プログラム宛に推薦状が郵送されるよう手配してください。
Q7. 英文成績証明書・卒業証明書はどこに提出すればよいですか?
出身大学から直接、日米教育委員会宛に郵送されるよう手配してください。あるいは厳封してあれば願書と一緒に送っても構いません。
Q8. TOEFLまたはIELTSのスコアレポートはどこに提出すればよいですか?
1)アメリカの協力機関であるIIE宛に、公式スコアレポートを直接郵送してもらうように手続きを取ってください。
  ・TOEFLの場合: ETSに連絡。IIEのコードは2326です。
  ・IELTSの場合: 日本英語検定協会に連絡。
2)日米教育委員会宛にもスコアレポート(コピー可)を別途お送りください。ETSからTOEFLスコアレポートを直接郵送する場合の日米教育委員会のコードは9478です。
Q9. TOEFLまたはIELTSのスコアが基準点に達していないのですが、応募は可能でしょうか?
可能です。ただし、基準点に達していなくても、2015年8月~2017年8月に受験したTOEFLまたはIELTSのスコアレポート提出が必要です。基準点に達していない場合は、2017年12月末までに再受験し、基準点をクリアしたスコアレポートをIIEと日米教育委員会へ郵送してください。
Q10. 健康診断書はいつ提出すればよいでしょうか?
翌年春に派遣大学が決定してから必要になります。応募時には不要です。
Q11. このプログラムで米国に入国するのに必要なビザは何ですか?
他のフルブライト奨学金プログラムと同様にJ-1 (「政府スポンサーの交流訪問者」)査証を取得しなければなりません。この査証は訪米目的終了後、直ちに日本に帰国することを義務付け、さらに、アメリカに再入国する場合、帰国後通算2年間日本に滞在した後でないと、移民、短期役務、会社転勤等の査証を申請することが出来ないというものです。
Q12. FLTAプログラム参加後に、「フルブライト奨学金大学院プログラム」または「大学院博士論文研究プログラム」に応募できますか?
上記のプログラムへの応募は可能ですが、2度目のフルブライトとなりますので、初めての申請者の方が優先されます。
Q13. 派遣大学はどこになりますか?
派遣先は毎年変わります。2018年度派遣先については2018年4月~5月の最終決定時までわかりません。過去の派遣先については奨学生紹介リストをご参照ください。

FLTA参加者のレポート